海外インターンシップ ホーム
インターンスタイル アクセスインターンスタイル カウンセリングインターンスタイル・資料請求
ホーム » インターンシップ・ニュース » 国際都市ドバイの企業で海外インターンシップ

国際都市ドバイの企業で海外インターンシップ

国際都市ドバイの企業で海外インターンシップ

“世界一”で溢れる国際都市ドバイで海外インターンシップ

“お金持ちの国”というイメージがあるドバイ、しかしもともとは何もない砂漠でした。ドバイはアラブ首長国連邦に属する首長国の一つですが、同じく首長国のに属しているお隣のアブダビで石油が発掘されたことで大きく発展しました。やがてドバイは石油依存からの脱却をするために世界中からヒトとモノを誘致、こうして世界中の企業が集まる貿易都市として、世界中から観光客が集まる観光都市としてさらなる発展を遂げました。

そんな世界屈指の国際都市となったドバイには、とにかくたくさんの”世界一”があります。

世界一高い建物のブルジュ・ハリファ(高さ828m)
世界一高いホテルのブルジュ・アル・アラブ(321m)
世界一広いショッピングモールのドバイ・モール(広さ11.5万㎡)

世界最大の人工島、噴水、観覧車、屋内スキー場、水族館、無人鉄道…etc, とにかくあれもこれも世界一。そしてさらにドバイにある世界で最も高い建物ブルジュ・ハリファを超える高さ1000m級のドバイ・タワーが建設予定だとか…。さて、そんな魅力的なドバイの暮らしや仕事をインターンシップを通して経験することができますが、日本人にとって生活しやすい街でもあるんです。

日本人も生活もしやすいドバイ

いざインターンシップをするとなると生活のことも気になりますよね。ドバイはとても物価が高そうなイメージがあるかと思いますが、実は生活にかかるコストを安く抑えた上で贅沢もできてしまうんです。もちろんレストランやサービス、モノなど世界最高級のものがたくさんあるドバイですが、例えば生活必需品や公共交通機関など日々の暮らしで欠かせないものは日本より安く、日本で150円ほどするペットボトル飲料がドバイでは50円ほどで買えてしまいます。そして海外生活で多くの人が気にするのが治安、世界的にも治安がいいことで知られる日本ですが、ドバイもまた日本と同じくらいに治安がいいです。とはいえ、長年住み慣れた日本とは違う海外ですので、羽の伸ばし過ぎには要注意です。

ドバイでインターンシップ

そんなドバイでインターン生を募集している企業をご紹介したいと思います。インターンスタイルでは世界中のインターンシップ企業をご紹介させていただいておりますが、ドバイはまだまだ案件が少ないため募集中の案件もすぐに埋まってしまいます。もし少しでも興味を持たれたら、まずは私たちにご相談ください!

今回ご紹介するのは、世界最大のショッピング型テーマパーク “グローバルビレッジ”で、さまざまなイベントの企画・運営をしている企業でのインターンシップです。年間550万人が来場するグローバルビレッジで、世界中のゲストとコミュニケーションをとることが出来ます。ドバイ現地の企業で従業員数46名の会社ですが、日本人スタッフが少ないため、英語でコミュニケーションを取る機会に恵まれています。また、ドバイは人口の約90%が外国人になりますので、世界中から訪れる観光客を含めるとかなりの国際都市ですので、英語を使う機会が多いので、将来、ボーダーレスな活躍を目指したいという方には、英語を使ったビジネスや海外での生活の良いトレーニングになります。一般的な英語圏ではなくユニークな環境でのインターンシップに興味のある方は、是非一度、インターンスタイルへご相談ください。

現在募集中のポジションは次の4つ。

① ショップセールススタッフ
英語は日常会話レベル、販売経験ある方優遇

②インフォメーションスタッフ
英語はビジネス英語出来る方、アラビア語が出来る方優遇
日本の歴史が好きな方または詳しい方、着物または浴衣を持参出来る方

③グリッター(呼び込み)
男性一人、女性一人募集
着物or浴衣を持参出来る方、英語は日常会話レベル
自分を表現するのが好きな方、モデル経験者優遇

④茶道、書道スタッフ
経験者のみ、書道はステージでパフォーマンスが出来る方優遇
着物、浴衣持参出来る方、英語は日常会話レベル

※ その他、茶道、習字、水墨画など日本の伝統をアピール出来る方大歓迎
※ アラビア語ができる方も尚可

【期間】2017年11月1日~2018年4月7日 (ドバイ滞在期間は10月22日~4月14日)
【ビザ】受入先企業が手配
【待遇】手当$500/月、滞在先寮完備(2人~3人部屋でキッチン・バスルームはシェア)、会場までの往復送迎【募集人数】5-10人


ホーム » インターンシップ・ニュース

■ 資料請求、または無料相談(来社・電話・メール)

お電話でのお問い合わせ資料請求でのお問い合わせカウンセリングでのお問い合わせ