【海外インターンシップ体験談】ニューヨークの国際空港

体験談|海外インターンシップ有給:ニューヨーク

体験談|海外インターンシップ有給:ニューヨーク

  • 研修開始時期:2008年4月
  • 現在の研修期間:研修6ヶ月目
  • 最終学歴:4年制大学
  • 研修前のお仕事 貿易関係の事務職
  • 御申込みから渡航までの期間:約4ヶ月
  • 現在のお住まい:ニューヨーク
  • 自己紹介
    アメリカに興味があり、インターンを始める前は就労ビザを取得して、カナダで貿易事務をしていましたし、オーストラリアではワーキングホリデーを使い、旅行会社に勤めていましたので、もともと国際的に人と関われる仕事が好きです。
  • アメリカのインターンシップに参加しようと思ったキッカケ
    過去の仕事で、国際的な仕事に就く事は出来たのですが、昔からの夢であったグラウンドホステスに就職するに当たり、経験が必要であまり空きがないことから、叶わずにいました。しかし、インターンシップでなら、夢であるグラウンドホステスを最長18ヶ月経験できる事を知り、迷わず登録しました。
  • 現在のインターン業務内容
    JFK空港でグラウンドホステスをしています。グラウンドホステスは昔から憧れていた職種ですが、チェックイン・到着・出国・ラウンジと4つの業務に分かれているので、覚える事が沢山あり、未だにミスをしないか緊張しています。その4つの業務の中でも、チェックインは私が夢見てきた業務に当てはまり、とても特殊で、またアメリカを出国する上で、とても重要な作業になるので、間違えは絶対に許されずとても大変です。その分、もちろんやりがいもありますし、楽しいです。
  • 一日のスケジュール
    朝は8時までには空港にてお客様に対応できる準備などを整えています。一日に一便しか飛行機がないので、その飛行機が飛んでしまえば、一日の業務は終わりになります。一年を通し、一日一便なので、午後は自由な時間を過ごすことが出来ます。一日の業務はその日により異なります。色々と経験でき、楽しい反面、毎日同じ業務とは限らないので、覚えるのにとても時間がかかってしまいます。
  • インターンシップに参加してよかったと思うことを教えてください
    夢が叶ったことです。日本にいたら、絶対に出来ない経験ですし、インターンだからこそ叶ったので、参加して本当に良かったと思っています。
  • インターンシップに参加して大変だったこと
    新しく学ぶ事、覚える事が沢山あり、インターンが開始されて随分時間がたった今でも緊張しているので、大変です。また、仕事は楽しいし、やりがいがあるので良いのですが、人間関係も含め、全てパーフェクトにはいかないので、大変な面もあります。
  • ニューヨークでの余暇の過ごし方
    同期がイベント等をチェックするのが好きなので、一緒にマンハッタンに出かけるようにしています。何かの理由がないと、クィーンズからマンハッタンに出る機会があまりないので、休日は遊びに出かけ、ニューヨークを満喫するように心がけています。マンハッタンに出ないと、ニューヨークに居る気もしませんし、刺激を受けるためにも買い物やイベントにマンハッタンに休みの日は出かけるようにしています。
  • 今後の目標や夢
    インターンシップを次に繋げられる仕事に就きたいです。しかし、それが難しいという事情も分かってはいるので、また、貿易事務の仕事に戻るかもしれません。夢は、グラウンドホステスとして仕事を続けていく事ですが、とりあえず今は頑張って、チャンスがあれば、就職や日本に帰ってからも一度面接などにチャレンジしてみたいです。
  • インターンシップにこれから参加する方へのアドバイス
    これから、インターンをする方へのアドバイスとして、その仕事や業務をやりたい!という気持ちが無いと、続かないと思います。アメリカという、文化も環境も違った土地で、新しい事を始めるのは大変な事ですが、それ相応の夢ややる気があれば、つらい事も乗り越えられると思うので、夢をしっかりと持ってくる事が大事です。

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。

東京オフィス 03-5786-1850