【海外ボランティア体験談】ロサンゼルスの米系福祉NPO団体

海外インターンシップ体験談(ロサンゼルス)
参加者 M.Y. さん(女性)
職業 大学生
参加プログラム ボランティア
渡航先 ロサンゼルス(アメリカ)
期間 4週間

  • 1. 自己紹介をお願いします。
    東京の大学に通っている1年生です。以前海外に6年間住んでいました。
  • 2. プログラムに参加した動機を教えてください。
    高校はインターナショナルスクールに通っていたのである程度英語は話せるので、英語を使ってもっと実践的なことがしたかった。自分の英語力がどれくらいなのかを知りたかった。
  • 3. 研修先企業の業種、研修生の職務内容を詳しく教えてください。
    米系福祉NPO団体でのホームレスや低所得者の支援活動、主に食事提供・衣服提供・シャワーの提供・洗濯・郵便物の配布・コンピュータルームの監視、そして団体での事務作業をしています。
  • 4. 1日のタイムスケジュールをざっくりと教えてください。
    7時 起床
    9時 バス停まで徒歩。バスにのる。
    10時 インターンシップ先に到着、仕事を始める。
    英語力や仕事の早さなどによって内容は異なる。人手が足りない仕事に配偶される。
    12時 お昼 インターンシップ先の周りにはスーパーマーケット、レストラン、カフェなどが多くあるので、スタッフのみなさんは個人的に食事をとる。お弁当をもってオフィスで食べることも可能。
    13時 仕事再開。午前中と午後の仕事は違うことが多い。基本的に朝の方が忙しい。
    15時 インターンシップ終了 サンタモニカ周辺の観光
    17-18時 帰宅。
  • 5. アメリカ生活で苦労した点は??
    バスの本数が少ないので行きたいところがあってもうまく全ては周れない。乗り換えなどがあるとなお更。たまに事故がありバスが来ないこともある。
  • 6. 逆にアメリカ生活で楽しい点は??
    お店でも道を歩いていてもバスに乗っても色々な人が話してくれる。中には日本にすごい興味を持っている人もいた。そういう小さなつながりが嬉しかった。
  • 7. 休日はどのように過ごされていますか??
    とにかく観光をしていました。ガイドブックやパソコン、住人の口コミを聞き、無理がない程度に様々なところに出向きました。ビバリーヒルズ、ミッドウィルシャー、ウェストサイド、サンタモニカ、ベニス、マリブ、ハリウッド・・・と充実した日々が過ごせました。
  • 8. 滞在中にチャレンジしてみたい/したことは何ですか?
    とにかく人との会話を中心に楽しみたいと決めていました。やはり様々な人と話すことでいかに自分の視野が狭かったかということに気づかされます。そういう意味では本当に良い体験ができたと思っています。
  • 9. 短期インターンシップ参加を悩んでいるかたに一言!
    私は短期インターンシップをある程度英語力のある方に非常に勧めたいです。英語がいかに自分と世界をつなげてくれるか理解できると思います。英語をある程度学んだ後にそれを「実践」できる喜びははかりしれません。

インターンシップ研修生アンケート

  • 1.1ヶ月の生活費は?
    ■ $1000未満 □ $1000-$1200 □ $1200-$1500 □ $1500以上
  • 2.滞在方法は?
    ■ ホームステイ □ シェアアパート □ アパート1人暮らし □ その他
  • 3.通勤手段は?
    □ 徒歩     □ 車       ■ 公共交通機関   □ その他
  • 4.生活で英語はどれくらい使いますか?
    ■ ほぼ英語を使う □ 50%くらい英語を使う □ ほぼ日本語を使う
  • 5.アメリカインターンシップ生活は思っていた通りでしたか?
    □ ほぼ思ったとおり □ 思っていたよりも大変 ■ 思っていたよりもラク
  • 6.研修先での研修内容には満足していますか?
    ■ 思った以上に満足 □ ほぼ満足 □ 思っていたより不満足 □ 不満足
  • 7.研修終了後もアメリカに残りたいと思いますか?
    ■ アメリカに残りたい □ 研修終了したら帰国したい □ まだ分からない
  • 8.インターンスタイルを使って参加してよかったと思いますか?
    ■ 良かったと思う □ 自分でも出来たと思う □ 使わなければ良かったと思う

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ電話番号 03-5786-1850