海外渡航に必須!新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

現在、海外インターンシップに参加をする為には、新型コロナワクチンの接種証明書(ワクチンパスポート)を渡航時に持参頂く必要があります。現在は2種類の方法で証明書の取得ができますので、下記を参考にしてみてください。※こちらは2022年1月12日現在の情報です。予告なく変更になる可能性もありますので、予めご了承ください。

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは?

日本の予防接種法に基づいて、各市町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するもので、現在はスマートフォンのアプリで表示するもの(マイナンバーカードが必要)とお住まいの各市町村に申請をして紙で発行する2種類あります。

ワクチンパスポートが使用できる国

※日本国外でワクチン接種をされた方は取得対象外となりますので、予めご了承ください。

接種証明書アプリについて

接種証明書アプリは2021年12月20日に公開され、アプリの利用にはマイナンバーカードとマイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォンが必要です。こちらは国内用、海外用の2種類の発行が可能です。ご利用に必要なものは下記になります。

1.マイナンバーカード

2.マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)

3.パスポート(海外用を発行する方)

アプリのダウンロード方法等の詳細は下記のウェブサイトをご確認ください。

●参考●

新型コロナワクチン接種証明書アプリについて デジタル庁より

証明書アプリ利用の流れ

※イメージ画像

紙の接種証明書について

紙の接種証明書は、お住まいの市区町村に申請をして交付を受ける事ができます。申請に必要な書類は下記になります。

1.申請書(市区町村ごとの書式)

2.接種券番号が分かるもの、またはマイナンバーが分かるもの

3.パスポートの顔写真ページのコピー(海外渡航用の場合)

4.本人確認書類(国内用の場合)

※接種券番号が分かるものには、使用済みの接種券や、接種済証があります。

申請方法は、住所地の市区町村に対して、窓口または郵送での申請を行います。原則として郵送での申請を求める市区町村もあります。申請から発行までは、1週間から10日程度かかると説明している市区町村が多いです。手続きの詳細は、お住まいの市区町村のホームページなどをご確認ください。

●参考●

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(接種証明書)について 厚生労働省より

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。