【海外インターンシップ体験談】シンガポールのメディア・出版企業

海外インターンシップ体験談(シンガポール)
参加者 吉田 楓さん(女性)
職業 大学生
参加プログラム 短期インターンシップ
渡航先 シンガポール
期間 4週間
  • 1. 自己紹介をお願いします。
    東京外国語大学1年の吉田楓です。大学では英語を専攻しています。
    もともとはテニスをやっていて、今は部活やサークルなどには入っていないですが、学生団体と、フリーマガジンをつくる団体に入っています。
  • 2. プログラムに参加した動機を教えてください。
    一つには、せっかくの春休み・アルバイトで稼いだお金を、遊びだけに費やすのはもったいないなあと思ったこと。もう一つは就活間際になってインターンシップをするのがとても不安だったので、(もし結局もう一度インターンシップをしなければいけないとしても)とりあえず経験を積んでおこうと思ったことです。
  • 3. 研修先企業の業種、研修生の職務内容を詳しく教えてください。
    メール対応、電話対応、請求書その他書類作成、セールス(会社が入っているビルのディレクトリを作るために各テナントを回りました)、デザイン制作、撮影補助(写真のチェックやスタイリングのサポート)、イベント手伝いなど。
  • 4. 1日のタイムスケジュールをざっくりと教えてください。
    7:30 起床 〜 9:00 出勤、午前勤務開始 〜
    12:30~13:30 昼ごはん (1階にキャンティーンがあるので、皆で食べに行きます。インド/中華/マレー/タイ/その他、お昼代は出ます)
    13:30午後勤務開始 ~18:00勤務終了、その後は寮に戻って休む・観光等 ~24:00就寝
  • 5. シンガポール生活で苦労した点は??
    虫。虫はすごいです、Orchard St.にあるイセタンの地下に明治屋があるので、そこでゴキブリホイホイなども買えます。食べ物も、私はシンガポールの食べ物が好みですが、ダメな人は食用油や水でもあたることがたまにあるらしいです。ちなみに日本食はそこら中にあります。あと、冷房が強いのではおるものは必須です!
  • 6. 逆にシンガポール生活で楽しい点は??
    taikendan-20120419-2.jpgどんな観光スポットもすぐにアクセスできるので、仕事帰りに寄ることができます。ナイトライフも充実しています。また、治安は悪くないので夜遅くまで遊んでいても人は多いですし、映画(大人は約500円)やタクシー(ふつうに乗れば遠くても1000円ほど)の利用も良いと思います。後、色んな国の人がいるので、食文化の多様性やファッションの違いなど、興味深いとおもいます。
  • 7. 休日はどのように過ごされていますか??
    主に友達と観光に行ったり、一人で買い物に行きました。一人で観光に行く時はだいたい、『地球の歩き方』を持ってまわりました。友達はシンガポールに留学している子で、シンガポーリアンの友達も多かったのでいろいろな所につれていってくれました。休日に行った所の例:シンガポールフライヤー(観覧車)/アラブストリート/チャイナタウン/セントーサ島/vivocity(大ショッピングモール) など
  • 9. 海外短期インターンシップ参加を悩んでいるかたに一言!
    いろいろ不安なことがあるかもしれないけれど、目標を持ってのぞめば、絶対に後悔しません。ワーホリや就職の為に行くのもいいけれど、私みたいに大学1年生のうちから経験を積んでも、悪いことはないはずです!海外へ行くことで自分とは違う生活を送る人々の違う働きぶりをより興味深く、身近に感じることができると思います。

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ電話番号 03-5786-1850