【ビザ情報】シンガポールのワークホリデー制度の変更のお知らせ

シンガポールのワークホリデー

シンガポール人材開発省(MOM)からの発表によりますと、2012年12月1日よりワークホリデー(Work Holiday Pass)の申請条件が大幅に変更されます。

■ MOMホームページ
シンガポール人材開発省(MOM)

現行の申請条件のもとでは17歳以上30歳未満で、四年制大学の在学生もしくは卒業生がワークホリデーの申請資格を有しておりました。

12月1日以降の申請者に関しましては、以下の新制度が適用されます。
1 年齢:18歳以上25歳未満

*世界ランキングは以下の3機関が発表しているものに限ります。

1. Quacquarelli Symonds World University Rankings
http://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2012

2. Shanghai Jiao Tong University’s Academic Ranking of World Universities
http://www.shanghairanking.com/ARWU2012.html

3. Times Higher Education World University Rankings
http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2012-13/world-ranking

以上が新制度となります。

今後お申し込みをされるお客様につきましては、新制度に基づいての受付となりますことご了承くださいませ。

【MOM原文】
Only applicants aged 18 to 25 years old from institutions in the 8 WHP locations (i.e. Australia, France, Germany, Hong Kong, Japan, New Zealand, United Kingdom and the United States), which are within the top 200 institutions of either the Quacquarelli Symonds World University Rankings, the Shanghai Jiao Tong University’s Academic Ranking of World Universities or the Times Higher Education World Universit Rankings, are eligible for the WHP. Applicants would also have to have commenced studies at the institution for at least 3 months to be eligible. Students of all nationalities that fulfill the above criteria are eligible to apply.

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。