カナダの海外インターンシップ費用について

カナダの海外インターンシップ費用について

カナダへの海外インターンシップを考えた場合、一番人気がある都市としてバンクーバーが挙げられます。今回はカナダの中でも主にバンクーバーにおける海外インターンにかかる費用についてまとめてみました。

カナダ・バンクーバーでの海外インターンシップの費用 1カナダドル=90円

世界で最も住みやすい都市にも選ばれたことのあるバンクーバー。2010年の冬季オリンピック後物価は上昇していますが、治安も良く、アメリカより費用を抑えて滞在できます。
(税金が12%と高いのとチップ文化により、割高に感じることもあると思いますが…)
バンクーバーは都会ですが、自然の多い公園があるだけでなく、スキー場までも市内からはバスで30分程度でいけるという好立地。年間を通していろいろなスポーツ・アクティビティを楽しめ、他のカナダの都市に比べると寒暖差も少ない。海あり山あり森ありに加え、交通も発達しているので、車がなくても十分楽しめます。

カナダ・バンクーバーの家賃について

フラットシェア

  • 郊外:45,000円/月(500ドル)~
  • ダウンタウン:54,000円/月(600ドル)~

ホームステイ 

  • 3食付き・シングルルーム81,000円(900ドル/月)(28泊)
    ※カナダのホームステイは3食付きが多く、ランチは夕食の残りやサンドウィッチなどを作って持っていけば、お金の節約になります。

カナダ・バンクーバーの食費について

  • 自炊をメインにする場合:27,000円/月(300ドル)程度
    ※バンクーバーはアジア人が多いので日本食も購入しやすいことに加え、日本のラーメン屋などもあります。リッチモンドエリアはほぼ中華街で、日本のダイソーなどもあり日本食が手に入れやすいです。
  • 外食をメインにする場合:1食900円(10ドル)~
    ※レストラン等では、チップを払う必要があり、食事代の10~15%程度となります。(フードコートやテイクアウトはチップ不要です)

Tim Hortons
・コーヒー1杯 tall size 180円(2ドル) 
マクドナルド
・Big Mac セット 540円(5.99ドル)
・Poutine 360円(3.99ドル)
※Tim Hortonsはカナダを代表するカフェ(ドーナツ屋)です。
※PoutineはフライドポテトにグレービーソースをかけたカナダのB級グルメ

カナダ・バンクーバーの交通費について

カナダのバンクーバーは公共交通機関が充実しています。公共交通機関は「TransLink」と呼ばれ、その名の通りトランスリンク社が運営しています。バスやスカイトレイン、大型フェリーのシーバスなどもあり、すべて同じ乗車券で乗降自由となっています。そのため広範囲の移動が可能です。その運賃はゾーン制となっており、ゾーンをまたぐ毎に運賃が上がっていきます。

  • TransLink
    ・Single fare(通常料金): 1 zone 257円(2.85ドル) / 2 zone 369円(4.10ドル) / 3 zone 504円(5.60ドル)
    ※有効時間は90分間。バス、スカイトレイン、シーバス全ての乗り換え自由
    ・Day pass: 900円(10ドル)
    ・Monthly pass: zone 8,370円(93ドル) / 2 zone 11,340円(126ドル) / 3 zone 15,480円(172ドル)
  • タクシー
    初乗り270円~315円($3~3.5) ※要チップ(10~15%程度)

カナダでの携帯の費用・価格・料金について

  • 月間契約の場合
    通話+1GBデータ通信 3,600円~5,850円/月(40~65ドル)
    Bell, Rogers, Telusが3大キャリアとなります
  • プリペイド形式の場合
    通話+1GBデータ通信 4,050円~5,940円(45~66ドル)

カナダ・バンクーバーの娯楽費用について

  • ショッピング
    メトロタウンにバンクーバー内最大のモールがあり、一日ではまわりきれないくらい大きい。おしゃれなグランビル島でのショッピング&散策もおすすめです。
  • 映画: 1,170円(13ドル)
    スキー場リフト券(Grouse Mountain)1日:5,670円(63ドル)
  • ホッケー観戦費(NHL):1,485円(16.5ドル)~

カナダ・バンクーバーのその他かかる費用について

  • 航空券: 130.000円~ (成田~バンクーバー 往復)
  • ワーホリビザ申請費用: 22,500円(250ドル)
  • バンクーバー州税金: 12% ※GST(消費税)5% + PST(州税)7%
  • 長距離バス(バンクーバー~バンフ往復 26時間) 13,455円(149.5ドル)~
  • 光熱費: 1350円/月(15ドル)~
  • 銀行口座を開設した場合、維持費がかかる場合があります
      ※900~2,700円(10~30ドル)程度/月
  • 郵便: はがき&カード(日本へ) 167円(1.85ドル)
  • コーリングカード(カナダから日本): 900円(10ドル)で固定電話なら3~5時間程度

海外インターンシップ費用に関することはこちらの記事もご参考ください。(海外インターンシップの費用にはどんな費用がかかるの?)

カナダの海外インターンシップの費用についてより詳しく知りたい方は

海外インターンの情報を提供するインターンスタイルでは海外インターンシップの費用(カナダはもちろん、人気のアメリカやシンガポールなど他の国も!)が一体いくらくらいかかるのかを、ご理解いただくために、東京や大阪のオフィスにて、直接お顔を合わせてご説明する個別面談から、お電話やSkypeなどを利用したカウンセリングまでを実施させていただいております。海外インターンに関する情報は少なく、みなさんが安心して渡航するためには、このような情報収集や準備が非常に重要です。
私たちインターンスタイルは10年以上の海外インターンシップを取り扱ってきた経験をもとに、渡航までの無料サポートを行なっています。月に100名以上の方々がこの無料カウンセリングを受けられます。カウンセリングはもちろんのこと、海外インターンシップを考える上で必要な費用や知識、各国制度の違いや体験談などを、必要に応じて1からご説明致します。その他、海外インターンシップの求人情報提供から、お客様に合った留学プランのアレンジ、など無料でご提供いたします。これにより海外インターンシップの費用に対して、より具体的なイメージを持っていただけ、安心して準備に取り掛かることができます。

まずは一度ご相談ください!

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。

東京オフィス 03-5786-1850