オーストラリアの海外インターンシップ費用について

オーストラリアの海外インターンシップ費用について

海外インターンをお考えの皆さんにとって重要な「費用は全部でいくらかかるのか?」という疑問にお答えします。今回はオーストラリアの海外インターン費用として、人気都市であるシドニーの費用についてまとめました。

オーストラリア・シドニーでの海外インターンシップの魅力って?

オーストラリア最大の都市、シドニーは世界中からの移民が集まるマルチカルチャーな都市です。都会と自然がバランスよく調和しており、シドニーの中心部は世界文化遺産に指定されているオペラハウスやハーバーブリッジなど美しい景観と港町ならではの風景が広がります。

また、中心部にはビジネス地区やショッピングエリアが集中しており生活の便も大変良いです。シドニーは日本と同じように四季がはっきりしていますが、南半球に位置しているため12月~2月が夏季となることも日本とは大きく異なるオーストラリアならではの魅力の一つです。

シドニー中心部から約30分ほどの距離にはマンリービーチやボンダイビーチなど美しいビーチが広がり、サーファーや家族連れも楽しめます。また車で2時間程の距離には世界遺産にも登録されているブルーマウンテンズ国立公園があり雄大な滝や渓谷が続き、都会とは一味違うオーストラリアならではの大自然も感じられます。

シドニーと日本の時差はわずか1時間(サマータイム時は2時間)ですが、オーストラリア国内では西のパースとは2時間も異なるため国内でも時差がある点に注意が必要です。シドニーは物価は日本と比べて少し高めですが、オーストラリアはワーキングホリデーだけでなく学生ビザでもアルバイトができる国なので長期的な滞在におすすめの都市です。

オーストラリア・シドニーでの海外インターンシップの費用 1ドル=90円

家賃費用について

ホームステイの場合
約120,000円/4週間

シェアハウスの場合(相場)

  • オウンルームの場合(自分の個人部屋がある)
    約64,800~100,800/月($180~280/1週間)
  • シェアルームの場合(他の人と部屋を共有する/2段ベッドなど)
    約54,000円~72,000円/月($150~200/1週間)

食費について

食費(自炊をした場合)
約21,600~約32,400円/月($60~90/1週間)

  • 日本に比べて高いもの
    出来合いのもの(サンドウィッチやパイなど)
  • 日本に比べて安いもの
    食料品全般、特にパンやフルーツは安い
    ※見たところ値段はさほど安く思えなくても、日本に比べて量が多いか大きいかのどちらかです。

交通費の価格について

シドニーの公共交通機関は主にバス、電車そしてフェリーです。日本のように地下鉄が縦横無尽に走っているわけではないため、多くのエリアではバスが人々の足として使われています。遠方へは電車が、シドニー中央に横たわるシドニー湾を越えて移動する際はフェリーが便利です。

シドニーではOPAL Card(オパールカード)と呼ばれるICカードがあり、カードに入金しておけば、電車、フェリー、バス、 Light Railなど、あらゆる公共交通機関の運賃の支払いに利用が可能です。オパールカードが入手できる場所は駅、コンビニエンスストアなどの取扱店およびオパールカード公式サイト、公式窓口(電話)となります。

交通費の相場はどこに住むかによって大きく変わりますが、ホームステイ中は$40~60/週(約2,400円~5,400円)くらいです。

保険について

オーストラリアでは学生ビザの方はOverseas Student Health Cover(OSHC)というオーストラリア政府による保険の加入が義務付けられています。OSHCはオーストラリアの国民保険での補償と同等のものを留学生に提供し、留学生がオーストラリア滞在中の病気や怪我などの際に適切な医療を少ない負担で受けられるようにするためのものです。

ワーキングホリデービザの場合は保険加入は義務付けられていませんが、インターンシップにおいては企業より海外留学(旅行)保険に加入していただくようお願いされる場合があります。

携帯電話の料金について

最近は日本から自分の使っている携帯をSIMフリーにして現地へ持っていき、現地で携帯の契約をされる方も多いです。もしSIMフリー携帯が準備できるのであれば、最も携帯代を抑えられる方法となります。現地では日系のレンタル携帯もありますが、最近はレンタル携帯よりも到着時にスマートフォンを一台購入する($260程度~)方が多くなりました。

現地サポートオフィスではOPTUSのプリペイドを紹介しています。OPTUSでは1ヵ月ごとの更新ができること、自分の利用する頻度やダウンロード量によってプランを変更することができます。SIMだけスーパーなどで購入($2)してご自身でネットで設定するか、OPTUSショップへ行けばセットアップも手伝ってくれます。ダウンロード量が少ない方は$30/月、常にSNSにアップロードされたりという方は$40/月を選ばれる方が多いです。

娯楽費について

サーフィンやビーチ、BBQなど、あまりお金をかけない遊び方が一般的となります。クラブへ行く方もいますし、ワインが$3/ボトル(約270円)と安いので、宅飲みされる方も多いです。クラブは入店にお金がかからないところを選んでいる方が多く、そのような場合はお酒代のみかかってきます。

映画は通常は$30程度(約2,700円)、火曜日に割引料金を設定しているところが多く$17~(約1,530円~)からです。ネットで購入したり、映画館の会員価格などの特典で安く買えることもあるようです。

また、オーストラリアは年度末が6月のため、6月に日本の3月の時期に多いような在庫一掃セールなどが行われるため、その時期はショッピング客でにぎわう時期です。

オーストラリアのインターンシップについての詳細はこちら

オーストラリアの海外インターンシップの費用についてより詳しく知りたい方は

海外インターンシップにかかる費用については、渡航前きちんと想定し、準備しておく必要があリます。渡航してから、意外な項目でお金がかかり、想定以上の費用が発生することは避けないといけません。インターンスタイルでは毎月100名をこえるインターンシップ・留学の希望者の方に無料カウンセリングを行なっており、その中でも費用に関するご質問・ご相談はもっとも多いです。

海外インターンシップの費用に関してはもちろんのこと、海外インターン前に必要な知識や国の違い、研修先の業界業種について、参加条件など、最新の情報を無料カウンセリングでご提供しています。その上で、お客様に最適なプランのご提供をさせていただきます。

無料カウンセリングにご興味がある方は、まずは一度事務局までお問い合わせください。

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。

東京オフィス 03-5786-1850