J1インターンシップに必要な費用とは

J1インターンシップ費用

アメリカJ1ビザ取得に必要な費用とは?

アメリカ現地で生活をしながら企業での有給インターンシップができるJ1ビザインターンシッププログラム。
実際に渡航前に必要な費用はいくらなのか、現地で貰えるお給料はいくらくらいなのか、現地での生活費はどれくらいかかるのか、気になるところですよね。
そこで、今回はJ1ビザ取得に必要な費用についてご案内いたします。

アメリカJ1ビザについて

J1ビザの概要

J1ビザは、外国人がアメリカにてビジネス経験を通じてキャリアアップを図る場として設けられています。日本の他にもフランスやベトナムなど世界各国から応募者が集まる貴重なプログラムです。

研修期間終了後は母国に戻り、引き続きアメリカとの懸け橋となりグローバル人材として活躍をしてほしいという意図も込められているため、今後世界を舞台に活躍をしたい方にはとてもお勧めです。

J1ビザの参加期間

参加期間については、現役大学生、大学卒業後1年未満の新卒者を対象とした「インターン枠」は最長12ヵ月、社会人経験者は「トレイニー枠」として最長18ヵ月間の研修が可能です。(ホテルや旅行業などのホスピタリティ枠は最長12ヵ月までとなります)

J1ビザの特徴・収入

日本で学んでいることや、在籍している職業との関連性をもとにビザのお手配をするため、キャリアチェンジではなくキャリアアップのプログラムと考え、ご参加いただきます。

現地での収入は今までの経験や業種・職種によっても様々ですが、平均的に月給約1,500ドル前後のところが殆どです。

J1ビザ取得条件

J1ビザの取得条件は、以下の条件によって厳格に定められています。

年齢:
20歳~35歳位まで
※35歳以上でもJ1ビザの申請は可能ですが、インターンシップ、トレーニング目的のビザのため、基本的には若年層を対象としたビザになります。

学歴と職歴:
・高校・短大・専門学校卒業:5年以上の一貫した職種や業種での職歴
・大学・大学院卒業:2年以上の一貫した業種での職歴
※現役大学生の方もインターン枠での申請が可能ですが、学部がビジネス関連の学部である必要があります。ただし、大学生の場合はお受け入れ企業に限りがありますので、慎重なご検討が必要です。

英語力:
日常英会話以上の英語力(目安はTOEIC600点以上・スコアの提出は不要)
※ビザスポンサー団体との英語面接に合格できる位の日常英会話力が必要です。

J1ビザ申請に必要なもの

ビザスポンサー団体により申請に必要な書類は異なりますが、主な書類を下記にてご案内します。

  • パスポートコピー
  • 英文履歴書
  • 英文雇用証明書(推薦状)2通
  • 英文残高証明書(現地での生活を賄える事を証明するため、目安として150万円以上)
  • 英文最終学歴卒業証明書
  • 英文最終学歴成績証明書
  • 証明写真
  • 英文エッセイ(必要に応じて)

J1ビザ申請にかかる費用

J1ビザ申請にかかる費用(申請前)

●登録金:$500
含まれるもの:英語レベルチェック、履歴書添削、企業リサーチ、企業紹介、書類選考手配、企業面接手配、受入れ承諾書の取り寄せ

J1ビザ申請にかかる費用(申請時)

●プレースメント費用・J1手続きサポート費用:$1,250
含まれるもの:研修プラン(DS7002)及び滞在許可証(DS2019)の申請書類の作成代行、スポンサー団体との英語インタビュー対策模擬練習(2回)            

●DS2019申請費用:$2,490
含まれるもの:研修プラン(DS-7002)及び滞在許可書(DS-2019)申請書類費用                

●現地サポート費用:$1,250
含まれるもの:渡航後、現地オリエンテーションと研修中の緊急サポート

●保険(DS団体付帯):$840(12ヶ月まで)$1,260(18ヶ月まで)
含まれるもの:研修期間分の指定US健康保険料

●SEVIS費用:$220

●アメリカ大使館面接サポート費用:$460
含まれるもの:⼤使館ビザ⾯接予約、申込⾦と書類作成代⾏(DS-160)

J1ビザ申請にかかる費用(渡航費用)

●航空券代金:片道約150,000円前後
※時期や渡航エリアによって異なります。

●海外旅行傷害保険費用(任意):約30万円前後
※プランや期間によって異なります。

<参考>

J1ビザ申請にかかる費用(1ヶ月の生活費)

※ニューヨーク マンハッタン外の場合

  • 家賃:シェアアパート 約77,000円~
  • 食費:自炊の場合 約45,000円~
  • 交通費:約14,000円(メトロ30日パス)
  • 携帯代:約5,000円
  • 洗濯代:約4,400円(週2回の場合)
  • 娯楽費:約20,000円

※為替により金額は変動しますのでご了承ください。
※個人の生活水準によって掛かる費用は異なります。

J-1有給インターンシップの詳しい資料はこちら
J-1有給インターンシップガイドブック資料請求

J-1ビザの申請条件を満たしているか、専門カウンセラーが査定します!
無料経歴査定はこちら

J1ビザおすすめインターンシップ求人

ニューヨークエリアのJ1インターンシップ求人

ロサンゼルスエリアのJ1インターンシップ求人

アメリカその他のエリアのJ1インターンシップ求人

まとめ

世界のビジネスの最先端をいくアメリカで、お給料がもらえるインターンシップとして人気のJ1ビザインターンシップ。
インターンシップ開始までには様々な費用が必要となりますが、渡航後はそれ以上に貴重な経験を得ることができ、一生の財産になることでしょう。

申請条件に合う方、将来はグローバルな仕事に就きたいという方には、大変おすすめのプログラムですので、ぜひチャレンジしてみてください!

J-1有給インターンシップの詳しい資料はこちら
J-1有給インターンシップガイドブック資料請求

J-1ビザの申請条件を満たしているか、専門カウンセラーが査定します!
無料経歴査定はこちら

海外インターンシップのインターンスタイルでは、海外インターンシップにかかる費用について、より具体的なカウンセリングをご提供しております。

安心して渡航するためにはまずは事前の情報収集や準備が非常に重要ですが、私たちインターンスタイルは数多くの海外インターンシップを取り扱ってきた経験をもとに、充実したご登録前までの無料サポートを行なっています。

ひと月に100名以上の方々がこの無料カウンセリングを受けられます。カウンセリングはもちろんのこと、海外インターンシップを考える上で必要な費用や知識、各国制度の違いや体験談などを、必要に応じて1からご説明致します。

その他、海外インターンシップの求人情報提供から、お客様に合った留学プランのアレンジ、など無料でご提供いたします。これにより海外インターンシップの費用に対して、より具体的なイメージを持っていただけ、安心して準備に取り掛かることができます。

更に詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
国務省認可のアメリカJ1インターンシップ(長期・有給)
海外インターンシップにはどんな費用がかかるの?
J1ビザをわかりやすく解説 アメリカへの長期インターンシップ
【大学生&新卒】アメリカインターンシップ(長期/有給)

アメリカ J1 有給インターンシップ ガイドブック

アメリカ J1 有給インターンシップ ガイドブック

無料カウンセリング実施中

求人情報の詳しい情報、インターン後
のキャリア相談などお気軽にご相談下さい。